外壁塗装の新提案

■グラデーション・コートプロ ■コンクリート打放し仕上げ意匠復元(模様描画)工法

■グラデーション・コートプロ

大切な我が家だからこそもっと色彩やデザインにこだわってみませんか?

今まで、多彩色仕上げの化粧サイディング板の塗替えには、単色(1色)で全面を塗りつぶしてしまうか、クリア塗装を施すか、そのどちらかの方法しかありませんでした。
これにより、外壁をきれいにする目的で行う塗替えリフォームが、せっかくの多彩色模様を失わせる結果となっていました。
でもこれからは大丈夫。元の色彩に近づけることも、新たな多彩色仕上げを施すことも可能にする画期的工法が開発されたのです。
確かな技術と豊富なデザインで、皆様の大切な住まいの外壁を優しくきれいに彩ります。

工法の主な特徴

.蹇璽蕁縞法で多様な模様・色彩が可能
デザインサイディング板が有している高い意匠性を再現したり、新たな意匠性を加味したりすることが可能です。
∪嫻せ楾で安心・確実
厳しい研修制度で認められた技術者のみが施工にあたります。そのため、確かな技術で高い品質が確保されます。
塗装仕様と施工手順が厳しく守られる仕組みなので、安心です。
最高級の塗膜性能
基本樹脂も最高水準のシリコン系またはフッ素系樹脂です。
高い耐久性と防藻・防カビ性を持っていますので、長期間色彩変化がなく、美観を保持します。
施工後の保証制度もございます。詳しくはお問い合わせください。

開発のコンセプト

 多彩色のサイディング板塗替えの問題点を解消すること

  • 塗替えによって多彩色模様が失われてしまうと、デザインが全く違うものになってしまいます。

標準仕様

  • _蔀論響檗Σ蔀歪汗亜―みが激しい部分を補修したり、塗料の付着を阻害する汚れ等を取り除いたりします。
  • 下塗り 下地の種類や既存塗膜の状況に最適な下塗り材を全面に塗装します。
  • C翕匹蝓ヾ靄椰Г箸覆襯轡螢灰鵑泙燭魯侫蛋納脂塗料を全面に塗装します。
  • ぬ榁録塗り 目地色となるシリコンまたはフッ素樹脂塗料を目地部分に塗布します。
  • セ転紊嘉匹蝓,気蕕謀瀕舛鯏匹蟒鼎佑襪海箸如▲哀薀如璽轡腑鹽描を施工します。

※外壁に施工されているサイディング板の種類や形状(模様の種類)によっては、塗替えまたはグラデーション・コートプロ工法が適用できない場合がありますので、ご了承ください。

カラーサンプル

タイルA グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルB グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルC グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルD グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルE グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルF グラデーション・コートプロ工法3色塗り

タイルG グラデーション・コートプロ工法2色塗り

レンガA グラデーション・コートプロ工法3色塗り

レンガB グラデーション・コートプロ工法3色塗り

レンガB グラデーション・コートプロ工法3色塗り

レンガC グラデーション・コートプロ工法3色塗り

レンガD グラデーション・コートプロ工法3色塗り

割石A グラデーション・コートプロ工法3色塗り

列石A グラデーション・コートプロ工法3色塗り

列石B グラデーション・コートプロ工法3色塗り

列石C グラデーション・コートプロ工法3色塗り

列石D グラデーション・コートプロ工法3色塗り

 

お気軽にご相談ください!!お問い合わせはこちら

▲ページのトップに戻る

■コンクリート打放し仕上げ意匠復元(模様描画)工法

コンクリート打放しのもつ質感・風合い・力強さ・柔らかさなどを最大限に表現し、 コンクリート構造物の美しさを追求した新工法です!

意匠性

  • ●下地を完全に隠ぺいする塗料仕上げで自然なコンクリート打放し仕上げの質感を再現します。
  • ●特殊な仕上方法により、セパ穴補修跡や目違いなども忠実に再現するフェイク塗装工法です。
  • ●誰でも打放し仕上塗料が可能なように数色の塗料の組合せをセットにしています。

作業性

  • ●下塗りから仕上塗りまではすべてローラーでの施工のため、作業性が優れています。
  • ●模様付けも特殊ローラーで行うため、打放しの風合いが簡便に再現でき、高度な技術を必要としません
  • ●使用する塗料やローラー類は、本工法に最適な性状・形状となっていますので、誰にでも施工可能です。

耐久性

  • ●水性エポシキ樹脂塗料を下塗りに用いることで、下地を隠ぺいし、密着性に優れた仕様となっています。
  • ●仕上塗料はシリコン樹脂を標準としており、長期間にわたり、紫外線や雨水などから建物を守ります。
  • ●超耐候性のフッ素樹脂や落書防機能タイプの仕様も用意しています。

従来工法との比較

  • ●完全に下地を隠ぺいする工法ですが、模様付けが容易で、かつ打放し仕上げを高度な意匠性で再現します
  • ●平滑でローラー施工が可能な素地であれば、下地の種類を選びません
  • ●スポンジ等による模様付けと異なり、特別な施工技術や調色技術は不要です。

GCPコートの種類

GCPコートSi
水系のアクリルシリコン樹脂塗料で、本工法の標準品です。
耐候性と耐水性に優れ、初期乾燥性の良い塗料樹脂を使用しています。
GCPコートSi-S
弱溶剤1液形アクリルシリコン樹脂塗料で、性能は水性同様です。
耐候性と耐水性に優れ、低温時乾燥性の良い塗料樹脂を使用しています。
GCPコートFu
水系のフッ素樹脂塗料で、本工法の高級仕様(耐候性)品です。
耐候性に非常に優れ、変退色や白亜化(チョーキング)を長期間にわたり防ぎます。

お気軽にご相談ください!!お問い合わせはこちら

▲ページのトップに戻る

株式会社 二葉屋
お問い合わせ・お見積もりこちらから!
成功するホームページ制作はこちら
RSS