各種塗装・サービス

外壁塗装のコーティングには、景観を美しく保つ以外にも、省エネ効果、耐久性向上、メンテナンスフリーなど、様々なメリットがあります。
また、コーティングの種類も、建物の形状や施工箇所によって様々です。
ここでは、二葉屋で取り扱っている主なコーティング材をご紹介いたします。

グラデーションコートプロ株式会社 多機能コーティング

建物の外壁に常温でガラス膜を形成するコーディング材です。
ガラス膜でコーティングすることにより、建造物を長期にわたり保護することができます。
また、グラデーション・コートプロ工法、コンクリート打放し仕上げ意匠復元工法の上にコーティングすることで、塗替え時のきれいな状態を末長く保つことが可能です。 その他にも、GCPガラスコートには以下のような機能・特性があります。

GCPガラスコートの機能と特性

窓ガラス面遮熱+光触媒コーティング

窓ガラス面遮熱+光触媒コーティング

近年、建物の外壁や屋根等に遮熱・断熱塗装を施すケースが増えてきています。しかし、建物における熱エネルギーの侵入・放出は、窓などの開口部を介して行われていることがほとんどです。
実際、夏場は熱全体の71%が開口部(窓)から室内に入り、冬場は48%が室内から外に逃げていくと言われています。そのため、夏涼しく、冬暖かく過ごすためには、窓の遮熱・断熱性能を向上させることが大切だといえるでしょう。
この遮熱・断熱効果をより有効にするのが「ガラス面遮熱+光触媒コーティング」です。
建物の窓ガラスにこのコーティングを施すことで、四季を通じて快適に過ごせることはもちろん、節電及び光触媒によるセルフクリーニングの効果も得ることができます。

外壁・屋根遮熱塗装

外壁・屋根遮熱塗装

弊社では、ガラス面以外にもJAXAライセンスを応用したプロツバルC+UVカットコーティングの遮熱塗装工法を扱っています。
この工法を用いることで、ガラス面・外壁・屋根すべて遮熱塗装することが可能です。

弊社では、上記以外にも様々なコーティング材を取り扱っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

▲ページのトップに戻る

株式会社 二葉屋
お問い合わせ・お見積もりこちらから!
成功するホームページ制作はこちら
RSS